<< クワイエットルームにようこそ | main | オリンパスのカメラ >>
パコと魔法の絵本
劇場で観られなかったので借りてみました!

極彩色のように鮮やかな色彩と、温かな光に包まれた
お城のような病院が舞台です。
舞台のお芝居というか漫画的な表現が多く、
色と光の使い方がとっても上手で観入ってしまいました。
3Dが多様されているのに、世界観を壊すことなく、
むしろ綺麗に調和していると思いました。
子どもに見せたいけれど、表現がちょっと過激かなあ^^;
役者さんがたの、普段と一味も二味も違うメイクは必見!
まさか大貫が役所さんだとは思わなかった…!

これと一緒に「クワイエットルームにようこそ」を借りたんですが、
物語を構成する要素がとてもよく似ていたのでびっくりしました。
(流れや登場人物の絡みかたはまったく違いますが。)
笑いの要素はどちらにもあったけれど、
こちらのほうが明るい気持ちで最後まで観ることができました。
EDの最後に「よかった、良い話だった」と思えたので。。

細かい伏線や設定もきちんと活きていて、
また観たいと思った作品でした。
この監督の他の作品も観てみたいなあ。

14:32 entertainment - -
スポンサーサイト
14:32 - - -