スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
<< サマーウォーズ3回目! | main | さいたま新都心の >>
サマウォ小説角川文庫版!
20090816104214.jpg
このところ、寝てもさめてもサマーウォーズにどっぷりです…(笑)
先日、佳主馬の健二さん呼びが見られると評判の小説版を購入しました!
大きな本屋さんは軒並み売り切れで、
地元の本屋さんに一冊だけあったのをいただいてきました。ありがとう!
※以下感想です。映画と小説を比べていますのでご注意を。
こっちにも感想を書いてます。


*
 

・出てくる人数がやっぱり多いので、容姿も含めて飲み込むには映画を見た人向けかなあ
・映画より小説を先に読んだ方の感想が聞きたい
・頭の中でBGMが流れる…そのまま読むと最高です!声も自然に変換される…
・映画では表情や動きから想像するしかなかったキャラの心情が明言されてるので、
 理解しやすい(映画と小説は別物という扱いらしいけど)
・小説の夏希は可愛い!学校と田舎での違いにきゅんとした。
・「止めて、涙」のところも、あそこで小指を差し出すのは小さい頃の侘助と栄おばあちゃんの
 手を繋ぐエピソードからきてると思うんだけど、小説はそういう想像をしなくても、
 もっとスマートで万人受けする描写になっていました。
 どちらが好きかは好みかねえ
・夏の希望かあ…字で読んで改めていいなと思った。
・佳主馬はすぐれていて美しく、中心となって物事を司り、気の強い神様の乗り物
 って意味の漢字を並べて佳主馬だぜ

・作者さんは理一さんが好き…?扱いや使われてる形容詞が色々といいよ!
・一人称が統一されてないのが気になる。佳主馬は「僕」と「ぼく」と「ボク」と「オレ」。
 佐久間に対しての「オレ」はわざとかもしれないけど。
・男の子って外と家で一人称変わるよね。いいよね。
・小説佳主馬は健二のことが好きすぎる(笑)
・でも「もっと取引先に〜」は変えてほしくなかったあ!
・最初佳主馬が納戸でひきこもってたのは「仕事のため」って説明があってよかった。
・万助さん改めて良い人すぎる。

小説版いいですよ。DVDが出るまではこれとガイドブックにお世話になろう〜
それと!昨日!テレビ東京でOverture of the Summer Warsが使われてた!
これからもっと色んな番組でBGMが聴けるのかしら…心臓持たないかも…
07:51 - - -
スポンサーサイト
07:51 - - -